交通のご案内   お見舞いメール   個人情報保護関連 
HOME 病院のご案内 外来のご案内 入院のご案内 求人のご案内 地域医療連携室
TOPページ > 病院のご案内 > 理事長・病院長ごあいさつ
IHI播磨病院のご案内 (理事長・病院長ごあいさつ)
理事長・病院長 新年挨拶
令和5年元旦
理事長 ・ 病院長 西川梅雄

 新年明けましておめでとうございます。
 本年が皆様にとってより良き一年になりますようお祈り申し上げます。

 IHI播磨病院のホームぺージをご覧いただきありがとうございます。

 昨年2月北京で冬季オリンピックが行われましたがその終了後、パラリンピックの開催直前の2月24日突如ロシアがウクライナに侵略を開始しました。 日本人は「まさか」でウクライナ人は「またか」という認識でした。
 ロシアの思惑と違ってウクライナはゼレンスキー大統領の指導の下善戦し、キーウ周辺や東部地域でロシア軍を国境まで押し返し、11月には南部の州都ハレキウを奪還しドニプロ川西岸からロシアは撤退しました。
 今回のウクライナ侵略でロシア軍が撤退した後、キーウ近郊など多くの町で、何の罪もない多数の住民が拷問の後、虐殺された跡が発見されています。 人道回廊やネオナチからの避難と称してロシア領内に連れ去られたウクライナ人の安否が気遣われます。 非常に恐ろしいことですが現実です。 私たちもそれなりの覚悟をして、早急にやるべきことをしておく必要があると思います。

 相変わらず新型コロナウイルス感染症の猛威は続いています。 6月末に4回目、年末に5回目のワクチン接種を受けられた医療機関関係職員も多いと思います。
 相生市一般住民への接種について。65歳以上の高齢者は7月にすでに3回目接種が90%終了しています。 さらに11月末には4回目を84%に5回目を33%にそれぞれうち終わっています。
 一方12〜50歳の住民については11月になっても3回目接種終了者が60%台以下と少ない状況です。 さらに5〜11歳の小児は3月からやっと1回目を始め、11月末で2回終了が18%で、もう一つ進んでいません。
 10月頃からは第8波が始まった感じがあります。 インフルエンザと共に大流行するとも言われています。 11月から住民対象に5回目のワクチン接種も始まりましたがその効果は過信できません。 新型コロナ感染症に対する特効薬も今のところありません。 従って今後もうがい、手洗い、手指消毒、マスク着用、黙食、三密(密閉、密集、密接)を避けるなどの感染予防対策を油断せず続けてください。

 昨年11月8日には月が地球の影に完全に隠れる「皆既月食」が見られました。 同時に地球と天王星の間に月が入って、天王星を隠すという「天王星食=惑星食」も皆既月食の途中で見られました。 今回の皆既月食の写真@〜Bは、昨年の相生市民健康フォーラムでご講演頂いた、鳥取大学特任教授西田信一郎博士が撮影されたもので許可を得て掲載しました。
 この皆既月食中に惑星食が起きるのは、日本では442年ぶりだそうです。
 442年前というと1580年=天正8年7月26日に土星食があって時代は安土桃山時代。丁度織田信長が石山合戦(大坂本願寺戦争)に決着をつけたころです。 織田信長や羽柴秀吉もこの皆既月食+惑星食(土星が見えたかどうかわかりませんが)を見ていたのかもしれません。 天王星が発見されてから241年しか経っていませんから、今回は人類初の皆既月食と天王星食同時発生といえます。
 私は病院の管理棟の裏にある鉄製の屋外階段の2階の踊り場に座って、双眼鏡で眺めていました。 皆既月食中、月は真っ黒になるのではなく、太陽の光が地球の大気で屈折されて波長の長い赤い光だけ弱まりながらも月に到達して月を照らします。 したがって月は赤銅色に見えます。 明るい月ですとその周りの星はほとんど見えませんが、月の明るさがかなり暗くなるので、月の周囲に星がいくつも見えるようになります。 それを7〜8倍の双眼鏡で見ると、宇宙空間にぽっかりと球体感のある、立体的なお月さんが浮かんで見えて大変迫力がありました。
 なお次回皆既月食中に惑星食が起こるのは322年後の2344年7月26日で土星食になるそうです。 次回はちょっと頑張って長生きしても見られそうにないですね。

 関西弁の「知らんけど」が流行っているそうです。 昨年末の流行語大賞に「知らんけど」がノミネートされ、トップテン(上位10語)に選ばれました。 その使用法は文末に付けて、(1)深刻な話を和らげるため。(2)責任回避のため。(3)「知らんのかい」と突っ込みをもらうためのボケ。 以上主に3つのために関西人が良く使う言葉だそうです。 私も外来や回診のとき使っているらしくて、時々看護師さんやクラークさんに「今日は知らんけどが多かったですね」と言われます。
 私個人的にはそもそも関西弁という意識はなく、子供の時からよく使っていました。 話の最後に「よう知らんけど」と「よう=よく」を付け加えることもあります。 「枕詞(まくらことば)」的に「(よう)知らんけど」を話の始めに付けることも多かったです。 いずれにせよ私は(1)の目的で使うことが圧倒的に多いです。 知らんけど。

 ところで今年の3月末で、私がIHI播磨病院病院長を拝命して満10年になります。 経営コンサルタントが入ったり、播磨病院開設百周年記念行事を施行したり、病院経営がIHIグループ健保から離れて医療法人化するなど色々大変な時期でした。 しかしなんとか大過なく維持することができました。 これも職員の皆様や患者様のおかげです。衷心より感謝申し上げます。

 今後も働き方改革など大変なことが続くと思われます。
 本年も宜しくご指導、ご鞭撻、ご協力賜りますようお願い致します。
合掌。



理事長・病院長
西川 梅雄



理事長・病院長の挨拶

令和5年1月


令和4年4月
令和4年1月
令和3年4月
令和3年1月
令和2年10月
平成31年2月
平成30年1月
平成29年5月
平成28年6月
平成25年4月
 写真@ 皆既月食中の月。全体に赤銅色に見えます。 周りの星がくっきり見えて月の球体感、立体感が際立って、宇宙空間にポッカリ浮かんで迫力満点です。 左下(6時半付近)に見える小さな星は天王星。

 写真A 皆既月食中の月。左下(6時半付近)、今まさに月が天王星の前を通ることによって、天王星が隠されるところです。

 写真B 写真Aの月の下部を拡大。 天王星が月に食い込んでいるような感じに見えます。